インタビュー音声テープの文字おこし実験をやってみた結果と雑感

SoundflowerとQuicktimeを連携して、Googleドキュメントで自動文字おこし中の様子

SoundflowerとQuicktimeを連携して、Googleドキュメントで自動文字おこし中の様子

 

インタビュー文字起こしを自動でできないか、実験してみたのでそのメモをこちらにも残しておきます。

*本記事、Facebookでの更新内容の転載になります。

インタビュー音声の文字おこし実験の雑感。

【方法】
“soundflower(mac)”を”Quicktime playerと”連携し
Googleドキュメントの音声入力で自動文字起こし

【対象】
1時間30分のインタビュー(1vs1)

【結果】

■よかったところ
1.意外に単語はしっかりと取れている

2.やはり、自分が何もしないでできているのは助かる

■ここは厳しい・・。
1.Macのスリープモードを1.5時間以上にしないと途中で途切れる
(映画見てたら、やり直しだった・・・。)

2.「、」や「。」はつかない

3.改行/改段落はされない

4.Googleドキュメントを選択アプリにしておかないといけないので、そのパソコンだとほかの作業ができな

【雑感】
今のところ、やはりこの方法は実装には厳しい感じがしました。

現状ですが、むしろ、これよりも、
「UD TALK(iPhoneアプリ)」を
インタビュー中に起動し、その場で自動文字おこし。

これに従来のボイスレコーダーを
がっちゃんこする感じが現実的な実装方法としてよさそうです。

時間があったら、UD TALKの方の雑感も更新したいと思います。

ただ、自動文字おこしの精度がここ1年くらいですかね、
かなりのスピードで上がっている気がします。

実装まではもう少しですが、これは

「早めに自分ならこう使う」

を確立した人が仕事時間をかなり効率化できそうな予感です!

*ちなみに、私のFacebookはこちらです。
(フォローいただくと、最新の実験レポートなどがご覧いただけます)
→榎本晋作Facebook


榎本晋作

榎本晋作 について

株式会社イーグッドというウェブマーケティング会社をやっている東京在住(ロンドン経由)のデジタルマーケター/企業研修講師です。留学をテーマとしてウェブマガジン『留学person』『留学マネー』の編集長/明星大学非常勤講師(経営学部『インターネットマーケティング』『ブランディング論』担当)。こんな人です。→榎本晋作プロフィール ■SNS(フォロー歓迎、フレンドリクエストはメッセージいただけるとうれしいです) →Twitter→インスタ→Facebook ■教育関係はnoteに書いています →大学/セミナー/研修での教え方ブログ ■お仕事依頼は、senomoto☆e-good.jpまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA