どうなんですかね〜?

ザッカーバーグ
Pic from Google image

100点なんか数えるくらいしか
取った事ない自分的には
よく言われる

「減点方式
(ミスしない方が出世する)」

が、逆に非効率に
見えてしまいまして。

お世話になってた経営者が
豪快な方が多かったのでなおさら^^;

留学中の
英語教育の現場でも

「日本人はミスを恐れるから
スペイン人とかより英語ができるのに
伸びるのが遅い。」

というのを、よく聞いていたけど、
「国民性」なのか、「教育の問題」なのか
どっちなんですかね?

ちなみに日本製品が海外進出する際にも
なぜか、しかける姿勢が足りずに、
失敗してしまうのをロンドン時代によく見ました。

まぁ、その度に

「責任取れないから
大胆な提案ってできないんだろうなぁ?」

と思っていたのですが
まぁ、自分でもその職場にいたいと思ったら
しませんね、多分。。。

なので、うちの会社は
とにかくアウトプットを出すために
必要なミスはオールOKにしていこうかなぁと。

 

 


榎本晋作

榎本晋作 について

株式会社イーグッドというウェブマーケティング会社をやっている東京在住(ロンドン経由)のデジタルマーケター/企業研修講師です。留学をテーマとしてウェブマガジン『留学person』『留学マネー』の編集長/明星大学非常勤講師(経営学部『インターネットマーケティング』『ブランディング論』担当)。こんな人です。→榎本晋作プロフィール ■SNS(フォロー歓迎、フレンドリクエストはメッセージいただけるとうれしいです) →Twitter→インスタ→Facebook ■教育関係はnoteに書いています →大学/セミナー/研修での教え方ブログ ■お仕事依頼は、senomoto☆e-good.jpまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA