たった1つの工夫!大教室で見やすいパワポの作り方【教え方コラム更新!】

note 【学生に興味をもってもらう方法2】「大教室ではパワポのフォントサイズは24pt以上にする」(大学講義コラムvol.4)のスクリーンショット

note 【学生に興味をもってもらう方法2】「大教室ではパワポのフォントサイズは24pt以上にする」(大学講義コラムvol.4)のスクリーンショット

 

こんにちは。

主にウェブマーケティングのクライアントワークや講師業を生業としている株式会社イーグッドの榎本晋作と申します。

今回も、noteでの教え方の記事更新のお知らせです。

「パワポの作り方って、何を気をつけていますか?」

このような質問をいただきましたので、
今回は、大教室向けのパワポ作りで工夫していることについて書いてみました。
(実は順番が前後しているのですが^^;)

もし、「学生への講義」についてご興味ある方がいらっしゃいましたら!

→【学生に興味をもってもらう方法2】「大教室ではパワポのフォントサイズは24pt以上にする」(大学講義コラムvol.4)

毎週水曜20時@渋谷で、広報/ウェブ担当/プロジェクトマネージャーさん向けのウェブマーケティングスクールやってます。

→毎週水曜20時@渋谷のウェブマーケティングスクール「ウェブグッドゼミナール」

 


榎本晋作

榎本晋作 について

株式会社イーグッドというウェブマーケティング会社をやっている東京在住(ロンドン経由)のデジタルマーケター/企業研修講師です。留学をテーマとしてウェブマガジン『留学person』『留学マネー』の編集長/明星大学非常勤講師(経営学部『インターネットマーケティング』『ブランディング論』担当)。こんな人です。→榎本晋作プロフィール ■SNS(フォロー歓迎、フレンドリクエストはメッセージいただけるとうれしいです) →Twitter→インスタ→Facebook ■教育関係はnoteに書いています →大学/セミナー/研修での教え方ブログ ■お仕事依頼は、senomoto☆e-good.jpまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA