30歳になったので、20歳からの写真を一覧にして振り返ってみました。

この前、留学Personの取材にて▲この前、留学Personの取材にて

 

いつもお世話になっております。株式会社イーグッドの榎本晋作です。

さてさて、2015年7月7日本日、ついに私も齢30歳になりました。

20歳になる瞬間は「まずい。。。大人になる前に何かいい事しないと!」とか焦って、大学で同級生にコンビニ弁当をおごっていたのですが、その10年後はの今日は、明日の会議のための資料作りをしている状態です。

「人は10年でどれだけ変わるのだろうか?」

という事を疑問に思ったので、身を持って実験するために
mixiなどを駆使して昔の写真を掘り出してみました。
(ついでに20代を振り返ってみる)

 

■20歳(大学1年生)高校のアメフト部に遊びに行く。めっちゃ金持ってた。

20歳高校のアメフト部の練習に行った時

 

■21歳(大学3年生)国連大学&議員インターンシップ

21歳国連大学にて

 

インターンシップ中

 

■22歳(大学4年生)卒業時、体重80キロ

22歳(大学卒業時)

 

■23歳、放浪中、野球ばっかしてた。

23歳、放浪中

 

■24歳(初めての海外旅行@タイ、働き始めた。)

24歳

 

■25歳(Twitterセミナー中、フリーランスになった、ストパーやめた。)

Twitterセミナー

 

■26歳(渕上さんとFacebookセミナー中)

26歳、渕上さんとFacebookセミナー

 

■27歳(イギリスでDavidと。)

27歳、イギリスでDavidと

 

■28歳(イギリスに住みはじめた。)

28歳、イギリスに住む

 

■29歳(イギリスで働いた。)

イギリスで働いた29歳

 

■ほぼ30歳、会社作った(日本に帰ってきた。)

30歳、会社設立

 

■この前

この前、留学Personの取材にて

 

見た目は変わったんでしょうか?それとも、あんまり変わっていないのでしょうか?

ただ、「弁護士になってやる!」と言って大学に入学した19歳の頃に、今の自分が想像できたかというと「全く不可能だった」という事は強く思います。(会社作るなんて化け物しかできない事だと思ってましたし。)

人生ゲーム風に10年を少しばかり振り返ってみると、

20歳で憲法しか興味ない事が判明し、法律の勉強を辞めてバイトに明け暮れ月収50万稼いだり。「やべ、俺、人生どうしよう。。」とか焦って大学生の身分ながら代ゼミに通って世界史を学び始めたりしてもがいた21歳

自分探しを卒業した(と思っていた)22歳からの2年間は、心と体を病みながらもなんとか大学を卒業しました。ひたすら、勉強していたので、知識と体重が40キロ増えました。

確か、「学者になって世界の貧困問題なくします!」とか豪語していた23歳の頃が一番遊んでいた気がします。

「コピペ」を「コピーペーパー」だと思い印刷して持って行ったパソコンレベルだった24歳の私。1年後にプロのWebマーケターと名乗り始めました。

「多分、自分が独立するとしたら28歳くらいだろうなぁ」とか思っていた25歳。ひょんな事やトラブルからその年にフリーランスになりました。

前職のコネがあったり、確かな実力があったりしたわけではない独立は厳しく26歳になるくらいまで日雇いのバイトしながら、スタバの砂糖を昼飯にしたりしてました。(ちなみに、はちみつと牛乳も無料ですが、個人的な名誉と社会的な立場を守るために真似しない方がいいと思います。)

その時は、海外に住むなんて夢のまた夢だとか思っていましたが、27歳後半の時にイギリスに住む事が決定しました。

ロンドンに出発する28歳の時に、何を勘違いしたか「これからは世界が舞台だから、多分もう日本には戻ってきません!」とか調子のって宣言してた気がします。

そんな僕が29歳の半ばで帰国し、日本でWebマーケティングの会社を設立して、今は留学メディアとかやって、今日30歳になりました。

振り返って10年後どころか、1年後、いや半年後すら何しているかわからなかった僕の20代でした。

何も考えていないのが原因かどうかわかりませんが、本当に人間の人生って明日さえもわからないのかなぁとか感じたり。

人生が予測すら不能なものだと思うと、次の10年も何が起こるか楽しみでならなかったりする反面、恐ろしくもあります。

 

余談ですが、これが幼少期です。

8歳の頃

 

サッカーしてる写真と矛盾するようですが、実は幼少期は体が本当に弱くて、幼稚園の頃に髄膜炎(ずいまくえん)になって死にかけたりしました。

今、こうして普通に生きている事自体「奇跡」だって聞きます。

こういう風に考えると、「自分が生きているのって、すごい事でそれって幸せだなぁ」とか深く感じます。

よくわからないのですが、もしかしたら生かしてもらった事自体に意味があるのかもしれません。

多分もらった人生だと思っているので、少しでも何か世の中に還元していきたいと強く感じるわけでして。

次はどんな10年にしたいかと言えば、30代に限らないのですが、ずっと変わらず「1人1人の役にたてるような人間になりたいなぁ。」と思っています。

20代は、どちらかというとお世話になりっぱなしで、後、自分に余裕がなくて誰かに迷惑をかける事も多かったかのが本当に悔しいです。

そういう意味から、30代は少し余裕を持って「自分の想いに矛盾しない自分」になりたいです。

まだまだ自分本位な所を抜け出せていないのですが、もっともっと大人になれるように精進してまいりますので、皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

榎本晋作

 


榎本晋作

榎本晋作 について

イーグッドという会社をやっています。留学PersonというWebマガジンを運営しながら、Webサイト制作、Webマーケティングのコンサルティングなどをしている会社です。こんな人です。→榎本晋作プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA